「ビジョンゼロ・サミット・ジャパン」が5月11日から3日間Webで開催

「第2回ビジョンゼロ・サミット・ジャパン(VZSJ2022)」が、5月11日~13日までWeb開催される。

同サミットは、世界の安全の新潮流である「VISION ZERO」活動をグローバルに展開している企業や団体と国 境を越え連携を取りまがら、日本から世界に向けて発信し、働く人の安全(Safety)・健康(Health)・幸福(Well-being)の実戦的アプローチ推進と実現を目指している。

ウェルビーイング社会の実現に向け、 ビジョンゼロを推進する労働安全衛生およびAI、 ロボット、モビリティにおける協調安全を含んだ新たな技術展開分野などで、41カ国・地域から約200人の世界的専門家やグローバル企業のリーダーが16 のセッションに分かれ登壇する。

 この中には、長年優勝し続けているメルセデスF1チームのトップから動画をふんだんに盛り込んだ講演や、台湾のオードリータンデジタル大臣、楽天の小林正忠常務執行役員・Chief Well-being Officerなども講演する。

主催は、労働安全衛生グローバル連合(GC)、セーフティグローバル推進機構(IGSAP)、共催は産業技術総合研究所(AIST)、労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所(JNIOSH)。

https://japan.visionzerosummits.com/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG