モベンシス ソフトモーションコントローラ 新バージョンリリース 評価版ライセンス無償提供

モベンシス(旧ソフトサーボシステムズ)は、ハードウエア不要のモーション制御プラットフォームとなるソフトウエアモーションコントローラ「WMX3」の最新バージョンとして、EtherCATの解析能力を向上させた「V3.5」をリリースした。

同製品は、自社開発のEtherCATコントローラでリアルタイムに各種データの見える化を実現し、通信異常時や解析時に素早く必要なデータを取得することが可能。新ユーティリティ「MotionScope」を搭載し、さまざまなデータ測定(プロファイル)、デジタルI/Oおよび2D軌道解析に使用されるチャート分析ができる。チャートタイプは、1D、2D、IOの3種類からの選択となり、それぞれ1Dでは16個、2Dでは2個、IOでは16個のターゲットを設定でき、最大8軸のデータを記録可能となっている。

またメモリログ機能を拡張し、サイクリック通信(PDO)データをリアルタイムに収集可能。EtherCATには一定周期でデータ送受信を実行するPDOと任意のタイミングでデータ送受信するメッセージ通信(SDO)があり、このうちPDOデータを取得し、スレーブのID、PDOデータのタイプ、インデックス、サブインデックスを記録。任意のマスターやスレーブから必要なPDOデータを取り出すことができ、アプリケーション開発時のプログラミング品質向上に貢献する。

現在、90日間利用可能なWMX3の評価版ライセンスを無償で提供している。

http://www.movensys.com/jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG