相原電機 標準トランスを一新 RoHS10対応、小型・軽量化

相原電機(大阪市平野区)は、標準機種のトランスECLシリーズをモデルチェンジし、「ECL-Nシリーズ」として、ECL21-N、ECL41-N、ECL42-Nの各シリーズ50機種(容量50VA~20kVA)をこのほど販売開始した。

ECL-Nシリーズは、JIS C6436-1995・JIS C5310-1997への準拠とRoHS10に対応した材料と設計の変更などで絶縁性・電気特性を高めながら小型・軽量化を実現。

小型化では、ECL21-500Nで、幅が134ミリメートルから115ミリメートルと19ミリメートル、高さが145ミリメートルから125ミリメートルと20ミリメートルそれぞれ短くなり、軽量化では、1kVA(ECL21-1KN)が、11.9キログラムから9.5キログラムと2.5キログラムの大幅な軽量になっている。


また、軽量化に伴い、取り付け寸法や取り付け穴(ダルマ穴から長穴)を変更した。

電圧は、ECL21-Nが1次220-200V、2次110-100Vに変更になるが、ECL41-N、ECL42-Nは従来シリーズと同じで変更なし。

https://www.e-aiharadenki.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG