アズビル サプライヤー・エンゲージメント 気候変動解決で最高評価

アズビルは、国際環境非営利団体CDPから、「サプライヤー・エンゲージメント評価」で最高の「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー」に選定された。

これは、昨年12月の「気候変動」のAリスト認定、「水セキュリティ」におけるA-(マイナス)評価に続くもの。「サプライヤー・エンゲージメント評価」は、気候変動課題の解決に対して、企業がどのように効果的にサプライヤーと協働しているかを、ガバナンス、目標、サプライチェーン全体のGHG排出量(スコープ3)、バリューチェーンエンゲージメントの観点から評価。

同社は、独自のSDGs目標の一つとして、国際的イニシアチブ(SBTi)認定のGHG排出量を、17年基準で20%削減する目標を掲げている。

また、気候変動への対応としては、環境統合型経営の考えの下、自社のシステム・機器を活用した省エネ施策の推進など、さまざまな地球温暖化対策に取り組み、同じくSBTi認定による1.5度目標の設定や、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に沿ったガバナンス、戦略、リスク管理、指標と目標の開示を行っている。さらに、Azbilグループならではの取り組みとして、オートメーションにかかわる製品・サービス・ソリューションの提供を通じて、顧客の現場におけるCO2削減を30年には年間340万トン を目指している。

なお、21年は、サプライチェーン全体での気候変動への取り組みが優れた企業として、評価対象のグローバル約6300社のうち上位8%、日本企業105社を含む500社超が最高評価に選定された。

https://www.azbil.com/jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG