製造業DX時代のデータ活用 データ信頼性高める産業用フラッシュメモリ スイスビット 日本市場に浸透へ

コンピュータは、入出力と、記憶領域となるメモリ、演算制御のCPU、電源で構成される。この構成は産業機器に使われるPLCでもHMIでも産業用PCでもモータコントローラであっても基本的には同じ。各要素の間でデータをやりとりすることで仕事ができるようになる。その意味ではデータをいかに過不足なくそのままの状態でやりとりし、保存できるかが重要となり、そこにも高信頼性の産業用スペックが求められる。

スイスビット(日本法人スイスビットジャパン)は産業向けに特化したストレージ製品およびセキュリティ製品を提供するメーカーで、特にメモリ・セキュリティを専門とする。ヨーロッパのFA機器・産業機器メーカーを中心に幅広く採用され、DXへの取り組みが進む日本でも活動を強化している。

2001年シーメンスの半導体メモリ事業から独立

同社はもとはシーメンスの半導体メモリ事業を母体とし、2001年にMBOによって独立。本社はスイスにあり、ドイツとアメリカに開発拠点、ドイツ・ベルリンに製造工場を構えている。当初はUSBメモリなどコンシューマ向けとインダストリー向けを両方行っていたが、08年からはインダストリー向けに注力し、今はフラッシュストレージとセキュリティ製品に特化して事業を展開。日本では2004年から活動している。

産業用フラッシュメモリに特化

産業機器にはPLCをはじめ各種のコンピュータが頭脳として組み込まれ、高度な制御が行われている。さらに近年は、IoTやAI、データ活用でカメラやセンサといったフィールド機器が知能化・コンピュータ化し、エッジコンピュータのように現場に近いところでデータや情報を扱う領域も厚みを増している。

産業領域で使われるコンピュータ機器が急増するなか、同社は産業用に最適化した、データや信号を欠損なく確実に書き込み・読み出しができ、長寿命のメモリを提供している。

「インダストリー用途ではデータを過不足なくやりとりできることが不可欠で、かつ長寿命が求められる。それを実現するには専用のコントローラが重要で、当社はその技術を持っている。インダストリー向けのメモリ専業メーカーとして、高い信頼性と長い耐用年数、お客さまの用途に応じたカスタム最適化を通じて、ビジネスとトータルコストの低減を提供している」(友森健一郎代表取締役社長)という。

友森健一郎代表取締役社長

世界にはメモリメーカーはいくつもあるが、産業用に特化しているメーカーは少なく、その点でも貴重な存在だ。

「半導体メモリは大手メーカーを中心に競争が激しく、彼らはスマートフォンやPC、サーバーといったロット数が多い汎用品が中心。インダストリー向けはそれらに比べてロット数が圧倒的に少なく、顧客に応じたカスタムとサポートが重要となり、大手はあまり力を入れていない領域だ」(友森氏)。

欧州で高いシェア 高信頼性メモリと セキュリティ強み

現在、同社が提供している製品群は、SDやCF/CFASTカード、USBのようなスティック型と、基板型のモジュール&ドライブ型(SATA、PCIe/NVMe)、半導体パッケージとして提供する組み込み型(eMMC、PCIe BGA)の3種類。ドイツ・ベルリンにある自社ファブ(工場)ですべて製造し、インダストリーを中心に、情報通信、IoT、車載向けに展開している。

近年はデータ保護やライセンス管理等ができる、メモリとセキュリティを組み合わせた高機能製品が順調。先日も、AES256ビット暗号化とデータ保護機能を持つセキュリティSDメモリカードが、フエニックス・コンタクト社のPLCnext Controlのソフトウエアライセンス管理に採用された。

「事業領域として最も大きいのがインダストリー。ヨーロッパではほとんどのFA機器メーカーに採用されている。5Gとその基地局が増え、組み込みIoT、医療機器も活況。車載でもセキュリティ機能付を供給し拡大を狙っている」(友森氏)。

日本市場を強化 高付加価値な FA機器サポート

日本ではインダストリーを中心に活動を強化。日本はFA機器メーカーが多く、彼らへの浸透を狙う。機器に搭載しているメモリの状態をリアルタイムに把握し、いつごろに寿命を迎えるか予測できる「寿命監視ツール」や、電力が不安定になっても既存データには影響を与えない「電力損失保護ソリューション」を提案の切り口とし、より信頼性の高いFA機器の実現をサポートする。

「ヨーロッパでは知名度は高いが、日本ではまだ浸透できていない。テクニカルサポートとカスタマイズ、少量から大量まで対応できるサプライチェーンを構築し、日本市場での認知度を高めていく」としている。

https://www.swissbit.com/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG