【国際ロボット出展内容紹介】Team Cross FA 靴箱ピッキング 総合力でロボット実装

製造業のDXから生産ラインの開発・実装までを包括的に支援するコンソーシアム「Team Cross FA」は、2022国際ロボット展で幹事企業であるオフィスエフエイ・コムを中心に、多くのデモ機開発・製作に協力、ロボットシステムインテグレータとしての総合力を訴求する。

エプソンブース内「現場ソリューションゾーン」では「靴箱ピッキング」を製作。物流倉庫内で棚に積まれた靴箱の中から指定されたサイズの靴箱をピッキングし、納品書を投入して送り先ラベルを貼り付けるデモを実演する。

川崎重工業ブースでは、自走可能で床工事不要なデバンニングシステム「Vanbo」を紹介。三菱電機ブースのデモシステムの開発・製作も担当する。

Edgecrossコンソーシアムブースでは、FAプロダクツがEdgecrossSIパートナーとして共同出展。ロボットシステムを提供し、Edgecross会員企業のソリューションと接続。ロボットシステムと各種アプリケーションがシームレスに接続できるデモンストレーションを行い、ITシステムから生産設備・ロボットシステムまで、トータルソリューションの実装を紹介する。

https://connected-engineering.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG