横河電機 OPAシステムインテグレータに選定 テストから実プロセス設備へ移行

横河電機は、エクソンモービルから、オープン・プロセス・オートメーション(OPA)システムを用いて、プラント全体にわたる製造設備を稼働させる業界初のフィールドテストで、システムインテグレータに選定された。

このフィールドテストは、既設の分散型制御システム(DCS)とプログラマブルコントローラ(PLC)を、Open Process Automation Standard(O-PAS)規格を満たすひとつの統合システムに更新される。

プロセス産業の多くは、ほぼ全ての製造設備において、複数のサプライヤー独自の生産制御システム(製造実行管理システム、DCS、PLC、ヒューマン・マシン・インターフェース、入出力機構、など)を統合刷る必要がある。その結果、新規プロジェクトのコスト、システムの運用や保守を含めたトータルコストが高くなってしまう。

OPAシステムは、コンポーネント間でコンフィギュレーションとアプリケーションのポータビリティを可能にすることで、さまざまなサプライヤーからベスト・イン・クラスのコンポーネントの統合を容易にし、制御システムのトータルコストを最適化することにつながる。

今回のフィールドテストは、プロセス産業における従来のオートメーションに代わる実用性のある選択肢へと変える機会となり、同社では2000以上の入出力モジュールを含むOPAのフィールドテスト用システムを2023年に稼働開始する予定。

https://www.yokogawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG