【IIFES特集】装置の状況把握が容易 鳥居電業 EWONリモートメンテナンスルータ

鳥居電業はIIFESで、FA装置に最適なリモートメンテナンスルータEWONと、その他のデータも扱える通信変換機器を展示する。小間番号1-17。

EWONのリモートメンテナンスルータを装置の頭に設置すると、1本の仮想的なLANケーブルを構築して装置に直結したのと同様になり、事務所にいながら装置の値を見たり、設定を変更したり、また問題が特定できればプログラムの修正まで可能になる。しかも、上位機種のFlexy205では各社PLCとの通信ドライバやOPC bUAにも対応しており、データも扱える。

Flexy205本体のメモリ内にデータを取り込むと、装置のHPを作成、ブラウザでダッシュボードとして見ることも可能。

IIFESではリモートアクセスルータの実機を使ったシステム構成を展示し、ローカル側での接続とリモート側での接続の比較ができる状況をデモする。さらに、EtherNet/IP接続装置をCC-Link IEに変換してデータを取り込んだり、AWS(アマゾンウェブサービス)に接続しデータのグラフ表示等が可能。

https://www.tois.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG