三菱電機 「クロスセンター」開設 DX・スマートシティ展示 丸の内本社に

三菱電機は、DX(デジタルトランスフォーメーション)・スマートシティをテーマとした展示場「XCenter(クロスセンター)」を、本社の入居する「東京ビルディング」(東京都千代田区)26階に2021年12月9日開設した。

DX・スマートシティを推進する企業や国・地方自治体などの官公庁関係者を対象に、同社の技術・製品を体感することで、スマートシティ実現を目指した共創を推進する。

クロスセンターでは、従来の事業モデルをデジタルの力によって、「製品(モノ)+サービス(コト)」へ発展させ、顧客に最適なソリューションとして提供することで、DXへの取り組みを紹介する。

紹介する4つのテーマは、①「ACCESSIBILITY」移動や暮らしのサービスが円滑化され人々の活動が活性化したまち②「SUSTAINABILITY」資源を有効に活用しながら快適に過ごせるまち③「RESILIENCY」社会と暮らしの安心安全が守られるまち④「DIVERSITY」誰もがイキイキと豊かに暮らせるまち。

「SUSTAINABILITY」では、MELFA ASSISTA(メルファ アシスタ)等によるロボットの協働デモが行われ、被験者が手渡したお盆・お皿をテレプレゼンスロボットが所定の位置まで運び、協働ロボットMELFA ASSISTAがお皿・お盆を片付ける一連の協働作業デモを通して、作業省力化を体験できる。

また、「RESILIENCY」では、『i-Construction~「AI(人工知能)配筋検査システム」サービス~』として、同社のAI技術「Maisart(マイサート)」を活用した「AI配筋計測技術」により、会場設置の配筋サンプルに検査用タブレットをかざすだけで鉄筋の径や間隔を自動計測。建設現場の生産性向上に貢献する配筋検査の省力化を体験できる。

クロスセンターの広さは約270平方メートル。開場時間は10時~17時。休場日は、土曜・日曜・祝日・同社休日。来場は同社営業部門経由での事前予約制。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG