横河電機 JAXAと共同研究 光ファイバセンシング

横河電機は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙探査イノベーションハブ(探査ハブ)による第7回研究提案募集において採択された同社の提案「ブリルアン光相関領域計測を用いた光ファイバセンシングによる、高温・低温領域を含む系の分布温度測定と、ランダムアクセス機能による疑似リアルタイム測定」の共同研究を開始した。研究期間2021年12月~22年11月。

今回採択された提案は、探査ハブが募集した課題の中のアイデア型研究の研究課題「光ファイバセンシング技術の研究と発展」で、光ファイバセンサを用いたブリルアン光相関領域計測の技術を発展させ、対象範囲の温度分布を広い温度領域で測定するだけでなく、測定地点を選択的に変更することができるランダムアクセス機能を開発し、複数箇所を同時に、かつリアルタイムに近い形での温度監視を実現し、異常の検知につなげるといった活用を検討する。

同社は長期経営構想において、宇宙を探索領域のひとつとして位置づけており、共同研究から得られた成果は宇宙だけではなく、地上での技術的な課題の解決に利用することも目的としている。

https://www.yokogawa.co.jp/

https://www.jaxa.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG