【2022年年頭所感】一般社団法人 日本配線資材工業会 代表理事・会長 松本 年生 カーボンニュートラルへ取り組み

新年明けましておめでとうございます。関係団体、ならびに会員の皆さまには日頃より当工業会の事業に多大なるご尽力をいただき、厚く御礼申し上げます。

コロナ禍の中での経済活動も約2年が経過しようとしていますが、完全な収束には不安な要素がまだ残っており、しばらく時間がかかりそうです。

こうした中で、私どもを取り巻く市場環境は、半導体をはじめ、電子部品、樹脂、鋼材などの品不足から納期が長期化する傾向が継続しております。同時に、原材料価格の高騰や物流費の上昇、人手不足なども顕著になってきており、制約された中での活動となっております。1日も早く、正常な社会経済活動の状態に戻ることを願うばかりです。

当会の活動も残念ながら昨年は、コロナの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令、およびまん延防止等重点措置の適用から満足のいく成果を残せませんでした。今年も2年ぶりに会員の皆さまが会する定時社員総会、および新年賀詞交換会の開催を予定していましたが、第6波のコロナ感染拡大が懸念されることから急遽中止することにいたしました。

日本配線資材工業会は、会員のための工業会として、メーカー、商社などが一堂に集まった工業会として、これからも会員企業に役立つような活動をして参ります。

今年も引き続き、会員の増強と認知度向上に向けて、西日本部会、青年部ともに頑張りますので、会員企業の皆さまも景気に左右されない強い企業体質づくりを継続していただきたいと思います。

また、世界的にカーボンニュートラルへの対応が求められてきており、当会の果たす役割もますます高まっております。そのためには、会員企業が一層の情報交流を進めていくことが重要になり、今年はそうした機会も積極的に提供して参りたいと思います。

最後になりましたが、引き続き会員の皆さまからのご支援、ご協力をお願い申し上げますとともに、皆さま方のご発展とより一層のご活躍を祈念いたします。

http://www.jwaa.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG