【FA製造業界2022トップインタビュー】制御盤設計クラウド化へ EPLAN Software & Services 井形 哲三 代表取締役社長

本格的に日本に参入した5年前に比べるとEPLANの認知度が広がり、事業拡大の環境が整ってきた。
2021年5月にはリタールと合同で、制御盤業界の未来とこれからに特化したオンラインセミナー「制御盤DXメッセ」を初開催し、1200人以上の方々に参加いただけた。制御盤業界では画期的な大規模イベントとなり、EPLANの認知度と理解度の向上に大きく貢献してくれた。

また8月からサブスクリプションでの提供を開始した。これまで電気設計CADはオンプレミスが主流だったが、サブスクは状況に応じて柔軟にライセンス数を増減できるなどメリットは多く、ライセンス数は順調に増加している。

制御盤業界は人手不足やデジタル対応などの課題で、これまでのやり方を変えていかなければいけないという動きが出てきている。21年は制御盤業界がDXに対して本気になり始めた年と言っても良いだろう。

22年以降は、制御盤DXの次のステップとして、制御盤設計をクラウド上で行う「設計のクラウド化」を視野に入れており、22年から3カ年計画でサブスクの提案強化をしながら、同時にクラウド移行に力を入れる。

サブスクで新規客の獲得と既存顧客への価値の追求を図ってライセンス数と安定的なシェアを実現する。22年内には新たにクラウドベースのソリューションを出す予定だ。すでにグローバルではEPLANデータポータルやEコマースなどクラウド環境の整備が進み、クラウドで設計する企業も出てきている。日本もそこを目指していく。

また好評だった「制御盤DXメッセ」の第2回開催に加え、リアル展示会も1月のIIFES、12月のJIMTOFに出展を企画している。情報発信を強化し、EPLANへの理解度を深めていく。

https://www.eplanjapan.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG