【FA製造業界2022トップインタビュー】共に、夢ある未来をつくる IBSジャパン 望月 綾子 代表取締役社長

2021年は前年比9%増の増収増益で、収益は過去最高となった。コロナ禍と半導体不足の情報をいち早く捉え、在庫を確保していたことが大きい。お客様や仕入先との情報交換を密に行っていたことが功を奏した。

ソリューション技術部を作り、コト売りに向けた基盤づくりに力を入れた。ソリューション創出は十分ではなかったが、技術と営業がよくコミュニケーションを取るようになった。ソリューションとして売れるアイデアも出て、更なる提案営業ができるようになった。

また、仕入れ先との関係を強化し、販売戦略を考える専属部隊としてセールスプロモーション課をつくった。メーカーとの連携を密にし、これまでのような個人の力ではなく、メーカーを含めたチームとして新製品をどう売っていくかを話し合えるようになった。Kvaserの自動車向けのCAN計測ツールでは戦略的に動いて成果を上げることができた。

22年は、売り上げ9%増を目指す。ソリューション強化は継続し、ITとOTを融合するソリューションを年内に発売する予定だ。また、お客様先のちょっとした困りごとを解消する有償設定サービスを開始する。OTのお客様はITやネットワークが不得手な方も多く、EthernetスイッチのIPアドレスやパラメータ設定などで手間取るケースも多い。設定サービスを切り口としてお客様の懐に入り、機器選定などの提案を進めていく。当社としては無形のものを売る初めてのチャレンジとなる。

5月頃に本社を海老名駅直結のビルに移転する。床面積を減らしつつ会議室は充実させ、リモートワークを前提とした今の働き方にあったオフィスにする。また経営理念を「共に、夢ある未来をつくる」と刷新し、社員やお客様、仕入先と共に会社を作り上げていく年にしたい。

https://www.ibsjapan.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG