【FA製造業界2022トップインタビュー】ソリューション提案強化 ワゴジャパン 原田 秀人 代表取締役社長

2021年12月期は、日本、グローバルともに20%以上の成長率となり、いずれも過去最高の業績となった。世界中のほとんどの国が好調で、グローバルの売り上げでは11億5000万ユーロ(約1500億円)を超えた。

日本では、半導体製造装置とそれに付随するサーボモータ、温調器向けが良く、ロボットメーカーからも多く受注が獲得できた。Eコマース関連で物流センターが世界中に建設されていることから搬送機器メーカー向けも好調。製品では、端子台、コネクタが堅調で、レバー操作のコネクタ端子台の評判が良い。ハブやリモートI/Oなどインターフェース製品も順調だ。その一方で材料不足の影響で受注残が溜まっており、その対応に努めている。

22年は半導体製造装置、ロボットは好調が続き、工作機械は半導体と自動車業界の動きを注視する必要がある。鉄道関連は投資が控えめで、ビル関連ではオリンピック前は止まっていたが、今は製品さえあれば伸ばせる状態にある。今年は半導体やロボットなど好調分野を継続しながら、ビルオートメーションとファシリティ分野でのソリューション提案を強化し、二桁成長を目指す。

ビル関連は、照明制御の知名度が高まり、空調機器メーカーとの連携もスタートしている。デベロッパーなど民間主導でビルの再エネ利用や省エネ、CO2削減の取り組みが盛んになっており、監視装置やセンサ、電力機器と絡めたオートメーションのソリューション提案を強化していく。またファシリティではゲートウェイやリモートI/Oの提案に力を入れる。

すでにソリューション提案に必要なラインナップは揃っており、販売ルートも整備してある。グローバルではSDGsやCO2削減に向けたスマートグリッド関連への提案を強化する方針で進んでおり、日本も歩調を合わせて進めていく。

https://www.wago.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG