【FA製造業界2022】ビジネスチャンスの創出を JPCA小林会長[年頭所感]

あけましておめでとうございます。

コロナ、コロナで明け暮れた2年間でしたが、今年こそは、普通の年になってくれることを祈念しています。さて二度の中止を乗り越え、昨年の10月末にJPCA Showを含む、電子機器トータルソリューション展を開催することができました。規模的には、残念ながら半分程度でしたが、『来て 見て 触れて そして 語ろう!』をテーマに毎日5000人を超える来場者をお招きすることが出来ました。例年好評な基調講演も、その道の著名な講師の方々に参加いただき、タイムリーで有益なご講演を賜りました。

それにも増して、リアルでの商談の場をご提供できたことが一番の成果だと思っております。本当にありがとうございました。今年の電子機器トータルソリューション展は6月15日から開催いたします。電子回路基板を取り巻く技術をテーマに近接する分野との連携を一層強化し、より多くの幅広い分野・業界関係者が集い、実り多い展示会・講演会となるよう、関連団体との協力体制を強固にし、鋭意準備を進めて参りますので、ぜひ皆様のご出展、ご参加をお願いいたします。

話は変わりますが、工業会の活動は、ダントツものづくりを中心に、ビジネスチャンスの創出、BCP・BCM、安全衛生、そして、昨年からダントツ活動の中に品質関係の講座を開設しました。コロナ禍により、全般的に積極的な活動ができませんでしたが、再スタートをする気持ちでリアルとWebの各々のメリットを考慮して、活動して参ります。

最後に、今年の干支は、壬寅(みずのえとら)。『陽気を孕み、春の胎動を助く』

冬が厳しいほど春の芽吹きは生命力にあふれ華々しく生まれる年になると言われているようです。寅年にコロナを完全に退治して、希望ある、活気のある年になることを願って、新年のご挨拶とさせていただきます。

https://jpca.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG