【FA製造業界2022】電用品等調達環境変化への理解を 日本配電制御システム工業会 宇賀神会長[年頭所感]

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
年頭にあたり、平素より弊会にお寄せ頂いております皆様の暖かいご指導とご支援に対し心から御礼申し上げます。

さて、昨年の弊会を取り巻く環境の変化は、これまでに経験したことのないものでした。

春先にはコロナ禍で停滞した経済が世界的に立ち直り、生産活動が急激に回復しました。自動車生産の回復や活発な海外市況を背景に、配電盤類の原材料である鋼板、銅帯、樹脂などが高騰しました。

その後に発生した世界的な半導体不足や感染が急拡大した東南アジアでの工場閉鎖などによる部品不足を背景に、自動車業界をはじめとした製造業では生産縮小を余儀なくされました。弊会においても、多くの分野で部品・部材の調達が大変困難な状況が続いています。盤製品関係では、電用品(インバータ・PLC、リレーソケット、ELBCなどは、おおよそ納期6カ月)から表示灯、圧着端子に至るまで、多くの部品・部材の納期が長期化する事態となっており、当面改善の見通しが立たない状況です。

弊会会員企業では原材料の高騰に端を発し、部品・部材の入手困難から盤製品の生産が計画通りに進まずに、出荷できない状況となっています。各種統計や調査では設備投資の見通しに期待が持てるとされていますが、生産活動に多大な影響を受けており、非常に厳しい環境と言わざるを得ません。

弊会会員企業は、必要部品・部材の安定的な調達に努めてまいりましたが、個々の企業努力だけではこの環境変化に対応することは困難な状況にあります。

つきましては、皆様方にはこれまで以上のご理解とご協力を賜ります様お願い申し上げます。

結びに、皆様方のご健康とご多幸をお祈りしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

http://www.jsia.or.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG