三菱電機 道路、鉄道情報を3D化 施設・設備維持管理支援サービス開始

三菱電機は、道路や鉄道沿線などの状況を3次元仮想空間内に再現し、現地作業の軽減や情報共有を支援する三菱多次元施設・設備管理システム(MDMD)を用いた施設・設備維持管理支援サービスを発売開始した。

これまで、道路や鉄道沿線の更新・補修工事の計画・設計の際には、現地状況の把握のために現場への移動や安全要員の確保等が必要で、さらには交通規制や線路内作業を短時間で完了させることが課題となっていた。また更新・補修計画の立案には、計画部門、工事部門、維持管理部門等の複数部門間での効率的かつ正確な情報共有が課題とされている。

それに対し同サービスは、道路や鉄道沿線などの状況を3次元仮想空間内で再現し、そこで現地状況を確認して、計画・設計業務等での現地作業を大幅に軽減。測量と同等の精度で離隔距離や設置スペースの検討、配線長の算出、干渉チェック等ができるほか、点検履歴や劣化度、変状記録などの維持管理に関わる情報も3次元仮想空間内で容易に確認でき、現地に行かずとも経年変化を踏まえた補修計画の立案が可能となる。

また、従来、キロポストやキロ程で管理されてきた施設や設備を高精度な絶対座標を持つ3次元仮想空間内で管理し、施設・設備の位置や相互関係を明確化。部門ごとに管理された台帳データと点検・補修結果を一元管理し、3次元仮想空間内に関連づけて表示することにより部門間の情報共有を促進する。タブレット等で現地から各種情報の閲覧もできる。

シミュレーションやBIM/CIM等で必要となる点群データと維持管理に関わる情報を3次元仮想空間から容易に取得でき、3次元施工シミュレーション等さまざまな業務へのデジタルツインの活用を促進する。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG