東芝三菱電機産業システム 回転機診断システム開発 センサで監視データ収集

東芝三菱電機産業システムは、モータ・発電機・ファンなどの回転機の稼働データをセンサで収集し、機械的異常・劣化を総合的に診断できる「回転機診断システム」を開発し、2022年4月から販売を開始する。

新診断システムは、振動による劣化診断ではなく、回転機に取り付けたセンサから「電流」「振動」「温度」「部分放電」「ZCT出力」の5つの監視項目でデータを一括収集することで、多角的な解析が行える。このため、機械的異常だけでなく、絶縁劣化も診断でき、モータや発電機、ファンなどの回転機で発生する多くの異常・劣化状態をより早く検知し、詳細に診断することが可能。

また、高圧・低圧モータ機器を新規開発し、回転機のデータを無線でクラウドに送信するため、新たな電源や通信ケーブル等の追加工事が不要で、ラインの停止期間を最小限で設置できる。

さらに、長期間にわたってモータの状態を監視できる傾向監視、周波数解析が可能なFFT(高速フーリエ変換)解析、三相交流の電流データ解析、および温度-電流相関分析(x-y分析)などの機能があり、目的や用途に応じて、豊富な画面メニューの中から必要な分析手法を選べる。しかも、DCSの持つプロセスデータや電子操業日誌「PLM」に収集される操業データのテキスト情報や設備管理情報と連携し、多角的かつ効率的な状態分析することが可能。

https://www.tmeic.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG