三菱電機 稼働中FA即時調整 産総研とAI制御技術開発

三菱電機と産業技術総合研究所は、製造現場における環境変化や加工対象物の状態変化を予測し、稼働中のFA機器の加工速度などをリアルタイムで調整するAI制御技術を開発した。

この技術は、人手と時間をかけて行っていたFA機器の調整を無くすとともに、AIが予測した加工誤差量などの結果の信頼度を指標化し、信頼度に応じたFA機器の適切な制御が可能になる。これにより、さまざまな加工環境下においても信頼性の高い安定した動作が可能となり、変種変量生産における製造工程においても生産性の向上に貢献する。

FA機器に求められるリアルタイム制御を実現するため、高速で推論が可能なAIを活用した技術を開発したことで、動作速度などのFA機器の状態を表すデータ(状態量)をAIが自動で動作パラメーターや補正量を高速に推定することで、加工精度・生産性を向上につなげるもの。

また、FA機器の動作中に加工形状などの加工環境や変種変量生産における製品形状の変化をAIに学習させ、製造現場の環境変化や状態変化に適応した高精度なFA機器制御を行える。

さらに、リアルタイム制御に要求される高い信頼性を確保するために、AIが推論した結果の信頼度を数値化するアルゴリズムを構築。推論結果の信頼度に応じてFA機器を適切に制御し、さまざまな加工環境下においても信頼性の高い安定した動作を実現できるようになる。

近年、ユーザーニーズの多様化に伴い、製造業界では変種変量生産が求められており、それに対応するため、個々の製品製造においてFA機器を動かすスピードや工具の回転数など個別に最適条件の調整を行っている。しかし、人手と時間を要するなど生産性が低下するという問題があり、また、少子高齢化に伴い、FA機器を最適条件に調整できる熟練作業者の不足という課題にも直面している。

AI制御技術は、こうした課題の解決を目指している。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/

https://www.aist.go.jp/

CALEXテクノロジー放射温度計

ロックウェルオートメーション

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る