三菱電機 稼働中FA即時調整 産総研とAI制御技術開発

三菱電機と産業技術総合研究所は、製造現場における環境変化や加工対象物の状態変化を予測し、稼働中のFA機器の加工速度などをリアルタイムで調整するAI制御技術を開発した。

この技術は、人手と時間をかけて行っていたFA機器の調整を無くすとともに、AIが予測した加工誤差量などの結果の信頼度を指標化し、信頼度に応じたFA機器の適切な制御が可能になる。これにより、さまざまな加工環境下においても信頼性の高い安定した動作が可能となり、変種変量生産における製造工程においても生産性の向上に貢献する。

FA機器に求められるリアルタイム制御を実現するため、高速で推論が可能なAIを活用した技術を開発したことで、動作速度などのFA機器の状態を表すデータ(状態量)をAIが自動で動作パラメーターや補正量を高速に推定することで、加工精度・生産性を向上につなげるもの。

また、FA機器の動作中に加工形状などの加工環境や変種変量生産における製品形状の変化をAIに学習させ、製造現場の環境変化や状態変化に適応した高精度なFA機器制御を行える。

さらに、リアルタイム制御に要求される高い信頼性を確保するために、AIが推論した結果の信頼度を数値化するアルゴリズムを構築。推論結果の信頼度に応じてFA機器を適切に制御し、さまざまな加工環境下においても信頼性の高い安定した動作を実現できるようになる。

近年、ユーザーニーズの多様化に伴い、製造業界では変種変量生産が求められており、それに対応するため、個々の製品製造においてFA機器を動かすスピードや工具の回転数など個別に最適条件の調整を行っている。しかし、人手と時間を要するなど生産性が低下するという問題があり、また、少子高齢化に伴い、FA機器を最適条件に調整できる熟練作業者の不足という課題にも直面している。

AI制御技術は、こうした課題の解決を目指している。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/

https://www.aist.go.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG