セイコーエプソン、マイクロ・ナノ工学部門「技術功績賞」受賞

セイコーエプソンは、日本機械学会が主催するマイクロ・ナノ工学部門の部門賞の「技術功績賞」を受賞した。

MEMS加工技術を駆使した自社開発のシリコンがんぎ車によって、機械式腕時計のパワーリザーブを約20時間延長するなどの性能向上に加え、審美性を高めた技術が、機械式腕時計と各種MEMS加工技術の異分野融合によって新たな価値をもたらしたことが評価された。

https://www.epson.jp/osirase/2021/211130.htm

CALEXテクノロジー放射温度計

ロックウェルオートメーション

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る