ソルトン ケーブルエントリーシステム ケーブル集約と難燃性兼備

ソルトンは、独・アイコテック(icotek)社の革新的なケーブルエントリーシステムの販売に注力している。

このケーブルエントリーシステムは、鉄道業界で認知されている欧州難燃性規格EN45545-2(HL3)、EN45545-3を取得している。

完全ハーネスの配線作業効率を高める構造としてフレームと配線保持のグロメットそれぞれが分割でき、異なる配線径を一カ所の貫通穴に自由自在に集約できる。また、多種類のグロメットを用意したことでφ1㎜~最大115㎜まで配線が可能。

注目製品は業界に特化したシール材で、フレームとは反対側に可燃性が想定される箇所に取り付け、約200℃の熱を感知すると膨れ上がり配線用に開けた貫通穴をふさぐことができ、炎を屋外へ拡散させない重要な部品である。

さらに、EN61373準拠のストレインリリーフやシールドクランプも用意し、空調、運転台、乗降扉、安全柵、床下機器などの配線処理のソリューションとして認知度が高まりつつある。

鉄道技術展小間№D-06。

https://www.solton.co.jp/

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る