パナソニック 高い安全性保持 近距離無線通信技術を開発

パナソニックは、磁界を使った通信方式にWavelet OFDMを適用し、ループアンテナを利用することで通信範囲が数ミリメートルから数十センチメートルに制限可能でセキュアな近距離無線通信技術「PaWalet Link」を開発した。ループアンテナの大きさや送信電力を制御することで通信範囲を簡単に制御でき、モード/チャネルを選択することで、使用周波数を制限できる。

近距離無線通信技術を用いた無接点での通信接続となり、従来のコネクタ接続からの取り換えで保守メンテナンス性が向上。通信範囲や対象を狭く特定できることに加えて暗号機能も装備していることで、高セキュリティな無接点でのコネクションが実現可能。複数のモードおよびチャネル設定による干渉回避ができるため、相互に干渉させたくない環境での利用などに最適。水中や海中での通信方式としての活用も可能。

https://panasonic.jp/

CALEXテクノロジー放射温度計

ロックウェルオートメーション

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る