河村電器 充電量を逐次監視 EVチャージシステム

河村電器産業(愛知県瀬戸市、水野一隆取締役社長)は、電気自動車(EV)への充電量をリアルタイムにコントロールできるスマートEVチャージシステム「wayEV(ウェイブ)」を発売した。

脱炭素社会に向けて、2035年までに新車販売で電動車100%の実現が求められている。それに伴い、EVやプラグインハイブリッド自動車(PHV)などの市場が拡大しているが、充電設備の設置が十分とは言えない。充電設備の設置には受電設備の増設などが必要で、コスト面で大きな負担がかかり、設備導入が停滞している。

今回のシステムでは、高圧受電設備の余力に応じて給電量を制御することで、より多くの充電設備を低コストで効率的に導入できる。

このシステムは、JAXAの「はやぶさ」の独立分散制御ロジックと河村電器産業独自のテクノロジーを融合した特許技術によって完成した。

限られた電力を多くの車両で分け合う仕組みで、先に接続した車両への充電が設定量に達した場合、自動的にまだ設定量に達していない車両に電力が配分される。

さらに、電力総量を抑制するデマンド制御と、昼間・夜間の時間帯別制御によって運用コストを大幅に削減可能。

低コストで導入できることから、スーパーやコンビニなど身近な施設へのEV充電設備の設置に結びつき、自動車業界のカーボンニュートラルに貢献する。2023年3月までに515台の販売を見込む。

https://www.kawamura.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG