横河電機 航空機用計器事業 沖電気工業に譲渡

横河電機と子会社の横河マニュファクチャリング(東京都武蔵野市)は、両社の航空機用計器事業を沖電気工業に2022年4月1日付で譲渡する。

両社の航空機用計器事業は、航空機用のコックピット用のフラットパネルディスプレイ(多機能液晶表示装置)をはじめとする航空機用計器で、売上高は49億円(20年度)。

横河電機は、中期経営計画で、エネルギー&サステナビリティ、マテリアル、ライフの三つの分野に注力する方針を進めており、航空機用計器事業を譲渡することにした。

https://www.yokogawa.co.jp/

https://www.oki.com/jp/

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る