マシンビジョン市場 2026年、155億㌦に 位置決め・ガイド用途がけん引

グローバルインフォメーションが取り扱う市場調査リポート「マシンビジョンの世界市場・COVID―19の影響(~2026年)」(MarketsandMarkets)によると、マシンビジョンの市場規模は予測期間中7・0%のCAGRで推移し、2021年の110億米㌦から、2026年には155億米㌦の規模に成長すると予測している。

品質検査と自動化へのニーズの高まり、ビジョンガイド下のロボットシステムへの需要の高まりと採用の増加などが成長を促進。一方で、産業用機械のロボットやデバイスに関連するセキュリティーへの懸念の高まりがマイナス要因となるとしている。

用途別で見ると、位置・ガイダンスの部門が最大の成長を示すと予測。地域別では、中国、日本、インド、韓国など自動化の優先順位が高い国々があるアジア太平洋地域が最大のシェアを維持。

主要プレーヤーとしては、コグネックス、バスラー、オムロン、キーエンス、テラダイン、TKH、ナショナルインスツルメンツ、テキサスインスツルメンツ、インテル、イスラビジョン、ジック、マイクロソフトを挙げている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG