バイオマスレジン福島、福島県波江町にコメ原料のプラスチック生産工場

バイオマスレジン福島は、福島県浪江町に非食用米を原料としたバイオマスプラスチック「ライスレジン」を生産する工場を建設する。2022年8月に生産開始予定。総工費は約10億円。

https://www.biomass-resin.com/2021/10/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%b3%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e3%81%8c%e5%a7%8b%e5%8b%95%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/

↓↓以下はバイオマスレジン福島の発表資料から↓↓

バイオマスレジン福島が始動しました

NEWS

福島県浪江町の北産業団地にバイオマスレジン福島の工場を建設するための立地協定締結式が、令和3年10月8日に浪江町役場で行われ、吉田町長とバイオマスレジン福島の渋佐代表が立地協定書を交わしました。


会場には、福島県のテレビ4局、新聞2社、そして専門紙の記者が取材に来ていただきましたが、さっそく、福島民報の記事に掲載されました。

https://www.biomass-resin.com/2021/10/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%b3%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e3%81%8c%e5%a7%8b%e5%8b%95%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る