10月20日〜名古屋 メカトロテックジャパン(MECT)2021 事前来場登録とセミナー聴講予約の受け付けスタート

10月20日から23日に名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)で開催される、工作機械見本市「メカトロテックジャパン(MECT)2021」の事前来場登録とセミナー聴講予約がスタートした。

セミナーは、20日が自動車、21日が航空宇宙産業、22日がロボットをテーマにして実施する。各セミナーとも定員250人の先着順となっている。

20 日は「自動車 クルマづくりの概念が変わる」をテーマにトヨタと日産が登壇。トヨタ自動車 生産本部 衣浦工場 工場長 野村英司 氏による「カーボンニュートラルを見据えたモノづくりの進化」、日産自動車 常務執行役員 パワートレイン生産技術開発本部 本部長 村田和彦 氏による「日産自動車 電動化に向けたパワートレインのモノづくりの進化」が行われる。

21日は「航空機 これからの航空機産業」をテーマに、ボーイング ボーイング民間航空機部門 アジア地区 グローバルフィールド オペレーションズ シニアマネジャー フィリップ・チャン 氏による「航空宇宙業界が直面する課題とチャンス」、航空宇宙生産技術開発センター センター長 小牧博一 氏による「日本一の航空宇宙産業クラスターの形成に向けて」が行われる。

22日は「ロボット 自動化の最新トレンド」をテーマに、 安川電機 取締役 常務執行役員 ロボット事業部長 小川昌寛 氏による「「ロボットによる変種・変量生産の実現~i3-Mechatronics 具現化に向けたソリューションのご紹介~」、三菱電機 FA システム事業本部 機器事業部 主管技師長 武原純二 氏による「最新ロボティクスによる『ものづくり』のトレンド」が行われる。

来場登録・セミナー予約ともに公式ウェブサイト(https://mect-japan.com/2021)で受け付けている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG