日本電産、三菱重工工作機械を子会社化 新社名・日本電産マシンツール

日本電産は、2021年2月5日付で三菱重工業と契約を交わした三菱重工工作機械の事業譲渡契約について、株式の取得が完了し、子会社化したことを発表した。これにより三菱重工業工作機械は日本電産の子会社となり、社名も「日本電産マシンツール株式会社」となった。

モータやセンサ、成形品など部品を中心とする事業に、最終製品となる工作機械が加わることにより、工作機械の事業強化だけでなく、要素技術・工作機械の技術開発、製造能力の強化、営業・販路の拡大のシナジー効果を期待する。

https://www.nidec.com/jp/ir/news/2021/news0803-01/

↓↓以下は日本電産による発表資料↓↓

三菱重工工作機械株式会社の株式取得等の完了と新子会社概要

日本電産株式会社(以下、「当社」)は、2021 年 2 月 5 日付「三菱重工工作機械株式会社の株式取得に関する譲渡契約締結のお知らせ」にて公表致しましたとおり、同日付で、三菱重工業株式会社(以下、「三菱重工」)との間で、工作機械、切削工具及びその関連製品に関する設計・製造・販売等を手掛ける三菱重工工作機械株式会社(以下、「三菱重工工作機械」)の株式の取得及び工作機械事業を専業とする海外子会社3 社の三菱重工グループが保有する株式の全持分譲受、並びに海外子会社が営む工作機械事業の事業譲受(以下、 「本取引」)に係る譲渡契約を締結しておりましたが、昨日、一部を除き本取引を完了致しました。株式取得を完了した会社は当社の子会社となりましたので、その概要についてお知らせ致します。
なお、現時点で株式取得が完了していないインドの 1 社及び中国の 1 社につきましては、2021 年 8 月中を目途に完了する予定です。

1.主要な子会社概要

①社名の変更

所在地現会社名 新会社名(予定)
日本、栗東 三菱重工工作機械株式会社
(Mitsubishi Heavy Industries
Machine Tool Co., Ltd.)
日本電産マシンツール株式会社
(Nidec Machine Tool Corporation) 
中国、常熟 Mitsubishi Heavy
Industries,(Changshu) Machinery
Co.,Ltd. 
Nidec Machine Tool
(Changshu) Corporation
インド、ラニペットMitsubishi Heavy Industries India
Precision Tools Ltd.
Nidec India Precision Tools Ltd.
米国、ハリソンFederal Broach Holdings, LLC変更なし

②新任役員

新会社名(予定)新任役員(予定)
日本電産マシンツール株式会社
(Nidec Machine Tool Corporation)
取締役会長        西本 達也
取締役副会長       岩﨑 啓一郎
代表取締役社長執行役員  若林 謙一
取締役常務執行役員    佐村 彰宣
取締役          北尾 宜久
監査役          吉井 宏次
監査役          村上 和也
Nidec Machine Tool (Changshu)
Corporation
董事長          薄出 淳二
董事           陳 東輝
董事           佐村 彰宣
監事           芝田 雄輝
Nidec India Precision Tools Ltd. 取締役会長兼社長     野村 宗隆
取締役          Nallappan Valliappan
取締役          若林 謙一
取締役          三好 良直
取締役          小西 一徳
取締役          Prafful Lalwani
取締役          Appan Priya
Federal Broach Holdings, LLC取締役社長        Danny L. Dennis
取締役副社長       鳴海 琢哉
取締役          若林 謙一
取締役          Jeffrey S.Williams
取締役          矢部 勝英
取締役          中村 克徳

2. 本取引の目的及び今後の運営方針

本取引により、当社グループに工作機械事業を迎えることで当社グループの既存事業との相互補完が強化されます。特に、当社グループの機器装置事業と要素技術開発、製造、営業面等においてシナジーがあると見込んでいるものです。
三菱重工工作機械は、1936 年に広島において旋盤生産から事業を開始し、三菱重工のグループ会社として長年工作機械のトップメーカーとして「ものづくり」の未来を創る企業として継続、成長している企業です。同社は工作機械、切削工具及びその関連製品に関する設計・製造・販売及びアフターサービス等を提供しており、これまでに培ってきた技術に加え、専門性の高い人材を有しております。主な製品分野は、国内トップシェアを誇り、高精度・高効率の歯車加工を実現する歯車機械を始め、門型マシニングセンタなどの大形工作機械、最先端かつ独自技術を持つレーザー・半導体製造装置等の製品を展開しております。
当社は、三菱重工工作機械を軸として工作機械事業の更なる拡大を視野に入れており、必要な投資を行うことで同事業をグローバルの主役にすることが可能だと考えております。日本電産グループと三菱重工工作機械のそれぞれが持つ技術力、ブランド力、顧客基盤を相互に利用してグローバルベースでの工作機械市場の発展に貢献したいと考えております。

3. 今期の業績に与える影響

今期の業績に与える影響は軽微ですが、業績予想に与える影響が生じた場合には、詳細が確定次第、東京証券取引所の適時開示規則に基づき適切に公表致します。

https://www.nidec.com/jp/ir/news/2021/news0803-01/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG