明電舎、8/17~下水道展’21大阪に出展 下水道DXをテーマ

明電舎は、8/17~までインテックス大阪とオンラインのハイブリッドで行われる「下水道展’21大阪」に、下水道DXをテーマに出展する。 下水道施設広域監視制御システム、AI を活用した下水処理場運転操作をはじめ、都市型水害監視サービスや移動電源車など防災関連、 スマート診断サービスや下水道施設の運転管理などを展示する。

↓↓以下は明電舎発表資料↓↓

「下水道展’21大阪」Beyond みらいを変える!みらいが変わる!
「下水道展’21-ONLINE-」(リアル・オンライン ハイブリット型展示会)

URLhttps://www.gesuidouten.jp/top/index/
会期2021年8月17日(火) – 2021年8月20日(金)
開催時間10:00~17:00(初日開館10:30 、 最終日閉館16:00)
会場インテックス大阪 2~6号館、センタービル他 下水処理(機械・電気)ゾーン 5号館5011
主催者公益社団法人 日本下水道協会 
入場料無料(登録制)
概要◇ブーステーマ    :「豊かな環境と安心な未来をつなぐ下水道DX」
◇ビジョンコンセプト: DXを活用した情報の見える化による防災機能の充実、豊かな海を守る水処理
技術、ストックマネジメントの充実など、新しい技術と価値の創造で持続可能な
下水道の発展に貢献する製品をご紹介します。


【展示内容】
1.下水道DX
●「ICT の活用による下水道施設広域監視制御システム実証事業」  B-DASH実証事業
●「AI を活用した下水処理場運転操作の先進的支援技術に関する実証事業」 B-DASH実証事業
●「AQUA SMART CLOUD」

2.防災
●「都市型水害監視サービス」
●「移動電源車」

3.環境とエネルギー
●「ASM 制御システム」
●「セラミック平膜」

4.ストックマネジメント
●「スマート診断サービス」
●「下水道施設の運転管理」

ブーステーマと展示内容をご紹介する映像をオンライン上でも放映いたします。
コロナ禍で会場にお越し頂けない皆様は、ぜひご覧ください。

ブーステーマと展示内容をご紹介する映像をオンライン上でも放映いたします。
コロナ禍で会場にお越し頂けない皆様は、ぜひご覧ください。

https://www.meidensha.co.jp/news/news_03/news_03_02/1237209_2463.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG