Check !!

横河電機 コンビナートのカーボンニュートラル調査 千葉・五井地区で開始

横河電機は、コンビナートにおけるカーボンニュートラルの実現に向けて、千葉県市原市五井地区の異業種の複数の事業所の協力を得て産業間連携調査を開始した。

複数の事業所のエネルギーバランスや排出される二酸化炭素(CO)の回収・再利用について現状調査を行い、産業間連携によるカーボンリサイクル事業の実現の可能性を探るもの。

この調査は、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の受託事業として行われるもので、2021年7月から同地区およびその周辺地域の異業種の事業所群の協力を得て、コンビナート全体の物質とエネルギーの有効利用、CO回収・有価物転換、水素マネジメントの3つを軸に調査する。

調査は、横河ソリューションサービス、英・KBCアドバンスドテクノロジジーズなど同社グループのノウハウを結集して取り組む。

具体的には、国内外の様々なコンビナートの製造領域で培ってきたプロセス知識、 単独事業所のプロセス改善やエネルギー効率改善および異業種連携に関するコンサルティ ングノウハウ、地域レベルでの需給制御を可能にするバーチャル・パワー・プラント技術、需給に応じた最適制御を可能とする地域エネルギー・マネジメント・システム、最適な生産計画の実行を支援するシミュレーション技術などを活用する。

https://www.yokogawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG