SUS、金沢市の営業・サービス拠点を移転・増強 供給能力が4倍に

SUSは、石川県金沢市にある営業から製造、配送までを担うサービス拠点「iDshop 金沢」を拡張移転し、供給能力を約4倍に強化する。8月4日に着工し、2022 年 4 月の稼働を予定している。

同社はアルミフレームやパネル等の部材やソリューションを素早く提供するため、顧客企業の集積地の近くに拠点を構える事業戦略「MHS 構想」を推進している。近年は製造業のサプライチェーンの見直しがあり、生産拠点の国内回帰と工場への設備投資が進んでいる。

これを受けて石川県金沢市にあるiDshop金沢を移転・拡張し、396平方メートルの建屋に12人体制だったところを、1571平方メートル20人体制に増強し、北陸エリアの供給力を強化する。

https://www.sus.co.jp/

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る