富士電機機器制御 母線プラグイン式の配線用遮断器と漏電遮断器追加

富士電機機器制御は、配線用遮断器と漏電遮断器の「母線(ブスバー)プラグイン式」として、「G-TWIN UL登録」(グローバル)品、および30㎜ピッチの省スペース対応品「G-TWIN Λ(ラムダ)シリーズ」の受注を6月30日から開始した。

いずれも、母線プラグイン式のため省スペースで、中継端子台や中継ブレーカ、電源(1次)側の配線スペースを20%削減できる。しかも、配線作業はブスバー(銅バー)にブレーカを挿し込むだけで電源(1次側)の配線作業が完了する。

さらに、電源(1次側)の定期的な増し締めが不要なため、設置や定期点検時などのメンテナンス作業が軽減でき、 ブレーカ交換などでも電線変更や取り回しが不要のため、現場交換時間、停電時間を大幅に短縮可能になる。

G-TWIN Λシリーズは、30㎜ピッチで、標準品とグローバル品がそろっている。また、G-TWINはグローバル市場に対応して海外輸出に必要なUL、KC、CCCなど主要国の規格を取得している。

半導体工場(クリーンルーム)やデータセンターなどの多額の設備投資を要する建物では省フットプリント化 (フロアのスペース効率)が求められており、配電盤(パワーボックス)や制御盤の小型化ニーズが強まっている。母線プラグイン式」はこうしたニーズに対応しており、市場伸長が著しい半導体製造装置向けを中心に、盤内に分岐ブレーカが多い用途での採用を見込んでいる。

https://www.fujielectric.co.jp/fcs/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG