自動車産業向けロボットの市場規模 2026年に129億ドルへ

グローバルインフォメーションが取り扱う市場調査レポート「自動車産業向けロボットの世界市場(2020年~2026年)」(KBV Research)によると、自動車産業向けロボットの市場規模は2020年~2026年にCAGR12.3% で成長し、2026年には129億ドルに達すると予測している。

ロボットのタイプ別では、多関節型、直交型、円筒型、スカラ型、その他に分類され、自動車産業向けでは、多関節ロボットが最大シェアを占める。マテリアルハンドリング、溶接、材料の除去や塗布などに利用され、その利用率は拡大。通常は4~6軸が多いが、最新技術や開発によって10軸になることもあり、汎用性が高くなっている。

また センサーが組み込まれたロボットは、製造プロセスに関するインテリジェントな判断を下すことができ、よりシンプルで時間のかからないプロセスを実現する。

https://www.gii.co.jp/

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る