ジール、ウイングアーク1st、データブリックス・ジャパン、製造業向け需要予測・予防保全・在庫適正化などのソリューション開発で合意

株式会社ジール(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡部 貴弘)は、製造業向けのAI活用推進強化として、ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤氏、以下:ウイングアーク1st)とDatabricks Inc.(本社:米カリフォルニア州サンフランシスコ、日本法人:データブリックス・ジャパン株式会社:東京都港区、社長:竹内 賢佑氏、以下:データブリックス)の3社で、ソリューション開発を行う事に合意した。

ウイングアーク1st社のBIダッシュボードMotionBoardとデータブリックス社が提供するレイクハウス・プラットフォーム上でのAIや機械学習を活用し、これまで製造業の現場で、AI・ディープラーニングなどの先端技術の活用が難しかったユーザーに対し、容易に需要予測・予知保全・在庫適正化を実現するソリューションの提供を目指す。

今後の3社での取組み

製造業で課題となっている生産量適正化、部品・原材料適正化、品質維持・向上といった点をテーマとし、製造業向けサービス開発・マーケティング活動・提案活動をジール・ウイングアーク1st・データブリックスの3社共同で、今後行っていく。Databricksには、お客様の用途毎にパッケージ化されたソリューションが準備されていることから、製造業向けのパッケージを活用し、国内のお客様向けにカスマイズすることで、日本の製造業へ更に馴染みやすい環境をウイングアーク1st社とジールで以下4つのテーマについて取組む。

・市場データを用いた需要予測からの生産計画最適化

市場トレンドなどの外部データと、ユーザー企業の販売データなどを利用し、適切な販売量を予測する事で、生産数量の最適化を実現。

・部品・原材料在庫管理、調達業務の適正化・効率化

生産計画、完成品在庫数、部品・原材料在庫、仕入れリードタイムなどのデータを利用し、適切な部品・原材料在庫数と仕入れタイミングを予測する事で、欠品の減少・在庫回転率最大化と業務効率化を実現。

・生産設備の故障予測からの設備停止時間削減

温度や湿度、設備稼働時系列、アラート信号などのデータをAI学習させ故障予測をし、生産設備の停止時間の減少を実現。

・AI画像認識技術を用いた自動検品

製品不良の検品作業を、AI画像認識技術を利用し自動化をする事で、経験差によるバラツキを減少すると共に、困難な技能伝承からの解放を実現。

各社コメント

ウイングアーク1st株式会社 執行役員(事業担当)大澤重雄氏
この度、ジール様とデータブリックス様とともに製造業のAI活用を推進するソリューション開発について合意できたことを嬉しく思います。調達・製造から消費までのサプライチェーンの様々なポイントで、人の経験や判断を超える意思決定が求められる中、各社がもつ製造業の知見にAIを加えた本ソリューションにより ものづくりにおける効率化と高度化を実現し、製造業のデジタルトランスフォーメーションに貢献することを期待しております。

データブリックス・ジャパン株式会社 社長 竹内 賢佑氏
当社はビッグデータやAIを活用し、国内企業のビジネスの成功に貢献するべく”データとAIの民主化”を今日まで推進してきました。この度、BI業界を牽引されているウイングアーク1st株式会社様と、BIやビッグデータ業界に強い実績を有する株式会社ジール様と、製造業におけるAI活用推進を目的としたソリューション開発を共同で取り組めることを大変嬉しく思います。日本の基幹業界である製造業における、さらなるAI活用の普及を3社で進めてまいります。

株式会社ジール 代表取締役社長の岡部 貴弘
国内製造業のデジタルトランスフォーメーションを促進する為、ウイングアーク1st社、データブリックス社と製造業向けのソリューション開発パートナーシップを結びました。両社のもつ製造業への知見と最先端技術を活用し、生産管理、在庫管理、品質管理といったテーマに対して、データを蓄積・可視化するだけでなくAI技術を利用した予測などを加える事で、製造業の生産性向上・競争力向上に貢献致します。

https://www.zdh.co.jp/topics/20210611/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る