【決算2021年度】明治電機工業 売上高639億円 中期経営計画をスタート

明治電機工業の2021年3月期連結決算は、売上高が639億1000円(前期比20・5%減)、営業利益18億9300万円(同51・6%減)、経常利益21億6200万円(同47・1%減)、当期純利益15億1500万円(同45・1%減)。

 2022年3月期は、売上高680億円、営業利益21億5000万円、経常利益23億2000万円、純利益16億2000万円を予想している。

 今年度から収益基準に関する会計基準を適用しており、前年度との比較を行っていない。

 なお、21年4月~24年3月まで3カ年の「第10次中期経営計画」をスタートした。「Mission for Smile “みんなに笑顔を届けよう”」をスローガンに、 最終年度の24年3月期の売上高800億円、営業利益33億1000万円、経常利益34億9000万円、当期純利益24億5000万円を計画している。

https://www.meijidenki.co.jp/ja/index.html

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る