経済産業省、生産動態統計から見る2020年国内機械産業動向

国内機械産業の生産額、コロナ禍で軒並み減少も半導体製造装置、ロボットは好調維持

2020年の日本の機械産業の市場規模とその動きについて、経済産業省「生産動態統計」の年報をベースにまとめた。コロナ禍で難しい年となり、機械産業は軒並み低調。それでも半導体製造装置・FPD製造装置、産業用ロボット、ポンプ・圧縮機・送風機(自動車、航空機用等除く)、化学機械は2019年を上回った。一方で、自動車産業の低迷を受け、金属工作機械や金属加工機械等など自動車産業向けが多い機械は大きなマイナスとなった。

経済産業省生産動態統計とは?

経済産業省生産動態統計は、経済産業省が毎月、全国の鉱産物及び工業品を生産する事業者を対象にアンケートを行い、日本の鉱工業の現状を明らかにするもの。
①鉄鋼・非鉄金属・金属製品、②化学工業、③機械、④窯業・建材、⑤繊維・生活用品、⑥紙・印刷・プラスチック製品・ゴム製品、⑦資源エネルギーを生産する一定規模以上の事業者を対象とし、事業者には統計法で報告が義務付けられている。
調査内容は、製品の生産量や金額、原材料の受入・消費、事業所と従業者数、生産能力・設備等で、約1万4000の企業に対してアンケートを行い、94%の事業者から回答を得ている。

半導体製造装置、産業用ロボットは好調

好調だったのは半導体製造装置・FPD製造装置で、2019年から608億5800万円増となる1兆9397億4300万円となった。2020年はもともと好調の見通しだったことに加え、コロナ禍でのスマートフォンやコンピュータ、データセンター向けの半導体需要が旺盛だったことが後押しした。
産業用ロボットも2019年比7億3100万円増の5319億1000万円。これまでから引き続いての自動化需要に加え、コロナ禍で非接触や無人化・省人化への関心が高まっている。

工作機械など3割近い大幅減に

自動車産業の低迷を受け、金属工作機械など自動車産業向けが多い機械は大打撃を受けた。金属工作機械は、2019年から3484億円マイナスの7239億9400万円。機械工具も1123億円マイナスの3665億4637万円。金属加工機械も923億0100万円マイナスの1804億2900万円となり、いずれも30%近い大幅減少となっている。

https://www.meti.go.jp/

最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG