アズビル、30年度までの新長期目標策定 売上高4000億円、 営業利益率15%目指す3つの成長領域を推進

アズビルは、2030年度までの「新長期目標」と、これを実現するために21年度~24年度までの4カ年「新中期経営計画」を策定した。

新長期目標では、売上高4000億円(うち海外は1000億円)規模(20年度実績2468億円、うち海外448億円)、営業利益600億円規模(同257億円)、営業利益率15%程度(同10・4%)、ROE13・5%程度(同10・4%)の実現を目指す。

また、4カ年新中期経営計画では、24年度で売上高3000億円(うち海外は660億円)、営業利益360億円規模、営業利益率12%程度、ROE12%程度を目指す。

実現に向けた具体策として、オートメーション技術を共通基盤とした3つの成長事業領域(新オートメーション事業、環境・エネルギー事業、ライフサイクル型事業)での成長を核に、現在のビルディング オートメーション(BA)、アドバンスオートメーション(AA)、ライフオートメーション(LA)の3つの事業全てでグローバルな成長を目指す。

これら3つの成長事業領域はオートメーション技術の活用によって、継続的に顧客資産の“空 間の質・生産性の向上”とともに、そのためのエネルギー量抑制を実現することによってこれら様々な社会課題に対応することが可能になり、同社が長年にわたって現場で培ったノウハウ、ビッグデータの蓄積を基に、製品からエンジニアリング、メンテナンスサービスまでの強みを発揮できるとしている。

同社ではこの実現に向けて、24年度までに研究開発費を累計で約560億円を投資し、ソリューションを創出するための新製品・サービスの開発とその市場投入を加速。サービスの高付加価値化や事業の効率化に必要な販売・エンジニアリング・サービスのDX(デジタルトランスフォーメーション)、ネットワークインフラの強化を進める。

また、約70億円をかけて22年度までに藤沢テクノセンターを建設するとともに、中国・大連にも新工場棟を建設し、日本、タイと合わせた3極での生産・調達体制も強化する。

https://www.azbil.com/jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG