THK、圧入組付タイプ リニアブッシュ受注開始 組み立て工数大幅削減へ

THKは、ハウジング内に圧入して組み付けるタイプのリニアブッシュ「LMHB形」の受注を開始した。

同製品は、外筒が金属製の既存のリニアブッシュと異なり、本体を圧入して組み付けるタイプで、簡単にハウジングに組み付けることが可能。これにより組立工数は大幅に削減でき、作業スピードが向上する。

独自設計による湾曲した金属プレートのバネ効果によってボールと LM シャフトの間のスキマを極小化することで、ガタつきなく、静かでスムーズな動きを実現。外形寸法は国際規格 ISO 10285 Series 1 に準拠し、コンパクト設計、省スペース化が可能になる。

ラインナップは、軸径φ8、10、12、14、16、20 (外径:φ15、17、19、21、24、28)、全長:17~30mmの6サイズを揃えている。

https://www.thk.com/?q=jp

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る