富士電機、東京工場で5G実証実験を開始 機械加工工場の活用検証

富士電機は、同社東京工場(東京都日野市)でローカル5G実証実験を開始した。

東京工場はパワエレクトロニクスシステム事業製品のマザー工場で、計測機器やコントローラ、盤などを製造し、これらをシステム品として組み 合わせて、産業プラント分野などへ提供している。また、 機械加工現場では、各種製品に使われる板金部品などを加工している。

5G通信を活用して、機械加工現場での工作機械や加工中の金属材料などの遮蔽物が多い環境下における電波伝搬の調査 や、工場全体の情報を管理する基幹システムと、機械加工現場にある設備・機器間との大容量データの通信の検証などを行う。

5Gの特徴である「高速・大容量」「超低遅延」「多点同時接続」により、従来の無線システムの課題を解決し、生産現場における滞留の解消や、設備の予知保全によるトラブルの未然防止などを実現するスマートファクトリーの実現を目指す。

https://www.fujielectric.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る