CKD、武蔵精密工業とリチウムイオン電池の製造装置で共同開発

CKD株式会社(愛知県小牧市、梶本 一典代表取締役社長)は、武蔵精密工業株式会社(愛知県豊橋市、大塚 浩史代表取締役社長)とリチウムイオン電池(LIB)の高容量化、長寿命化、安全性向上を実現するロールtoロール方式のリチウムプレドープ装置の製造・販売事業化に向けて共同開発を行う。

リチウムプレドープ技術は LIB の正極、負極の容量バランスを考慮した効率的なセル設計を可能にし、性能改善や差別化に有効とされている。今回のリチウムプレドープ装置は、現在の液系LIB に対して画期的なソリューションを提供し、LIB性能の大幅向上に貢献する。

リチウムイオン電池用捲回機の分野で培ってきたCKDの電極搬送技術と、電解液中で電気化学的に所定量のリチウムを電極に挿入する武蔵エナジーソリューションズ株式会社(山梨県北杜市、髙橋 航史代表取締役社長)のプレドープ技術を統合し、これまで難しいとされてきたLIB 製造プロセスへのプレドープ技術の導入を実現する。

これにより、LIB の正極材として使われている希少金属の使用量を低減でき、負極側の劣化反応を抑制することで LIB のサイクル寿命が延長する。また、設計によってLIBへのリチウムプレドープ化によりエネルギー密度を 20〜40%程度向上させ、LIBのサイクル寿命を3〜4倍程度伸ばすことが可能となる。

https://www.ckd.co.jp/newsrelease/7711/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG