制御盤DXメッセ、講演企業が決定 基調講演はTeam Cross FAと東洋電制製作所に

5月26・27日にEPLANとリタールの主催で行う、制御盤の設計・製造・運用のデジタル化を考えるオンラインイベント「制御盤DXメッセ」について、講演企業9社が決定した。

26日は基調講演にTeam Cross FA、三菱電機、フエニックス・コンタクト、ロックウェル オートメーション ジャパン、リタールが登壇。27日は、基調講演に東洋電制製作所、マナ・デザインワークス、富士電機機器制御、EPLAN Software & Servicesがそれぞれ「制御盤業界のDX」をテーマに講演する。

1日目のTeam Cross FAの基調講演は「ロボットシステム導入に対する標準ブロック化及び標準制御盤開発事例について」。人手不足や変種変量生産が進み、DX化が急務となり、ロボットシステムの導入が必要不可欠となるなか、さまざまな業種や工程の自動化・自律化を手掛けるグローバルロボットSIerの経験・ノウハウをもとに、ロボットシステムには必要不可欠な制御盤について標準化のメリットやプロセス等を解説する。製造業や物流の分野のDX化や制御盤の標準化、安全、省エネ、セキュリティを前提にした設計手法に関心がある人におすすめの内容となっている。

2日目の東洋電制製作所の基調講演は「多様化する筐体に対応。TEC-EPLAN生産方式のご紹介」。工作機械・産業機械・各種プラント工場など向けに制御技術全般を扱う東洋電制製作所はEPLANを導入し、多様化する筐体への対応やEPLAN活用による新たな生産方式などを紹介する。制御盤製造におけるEPLANの活用方法や立ち上げ過程における問題点などにも言及する。

イベントの詳細と申し込みは下記から

https://blog.eplanjapan.co.jp/dx_messe?hsCtaTracking=0c1e33e5-26c1-4396-9a7a-64eee054fbd3%7C40ecf268-6777-4e71-9e2c-93da18d6afaf

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る