IDEC、スキューズのFA事業を譲受。FAやロボットソリューションを強化

IDEC(大阪府大阪市淀川区、舩木 俊之代表取締役会長兼社長)は、2021 年 4 月 30 日にスキューズ(京都市南区、清水 三希夫代表取締役会長)の事業を買収。IDEC のグループ会社である IDEC ファクトリーソリューションズ(愛知県一宮市、武仲 清貴代表取締役社長)が事業を譲受し、IDECファクトリーソリューションズ株式会社京都事業所として事業を継続していく。

スキューズは、工場における生産工程の自動化を図るためのシステム開発など、FA事業に強みを持ち、食品業界などロボットを含めたFAや生産ラインのシステムの開発・生産を行ってきた。
今回の事業買収により、人手不足などにより自動化需要の大きい食品業界への事業拡大が見込めるほか、スキューズ株式会社の既存顧客向けに IDEC グループの製品やソリューションを組み合わせたトータルソリューションの提供が可能となる。

事業譲渡の詳細

■ 譲受事業の内容:FA(ファクトリー・オートメーション)事業
■ 事業譲受日 :2021年4月30日
■ 事業譲渡会社 :
(1)名称 スキューズ株式会社
(2)所在地 京都市南区吉祥院新田弐ノ段町106
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役会長 清水 三希夫
(4)事業内容 FA(ファクトリー・オートメーション)事業
(5)資本金 9,900万円
(6)設立年月日 2002年4月15日
(7)従業員数 66名

https://jp.idec.com/media/PR20210430.pdf

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る