2020年国内機械産業動向 コロナ禍で軒並み減少 半導体製造装置、ロボットは好調維持

2020年の日本の機械産業の市場規模とその動きについて、経済産業省「生産動態統計」の年報をベースにまとめた。コロナ禍で難しい年となり、機械産業は軒並み低調。それでも半導体製造装置・FPD製造装置、産業用ロボット、ポンプ・圧縮機・送風機(自動車、航空機用等除く)、化学機械は2019年を上回った。一方で、自動車産業の低迷を受け、金属工作機械や金属加工機械等など自動車産業向けが多い機械は大きなマイナスとなった。

経済産業省生産動態統計とは?

経済産業省生産動態統計は、経済産業省が毎月、全国の鉱産物及び工業品を生産する事業者を対象にアンケートを行い、日本の鉱工業の現状を明らかにするもの。

①鉄鋼・非鉄金属・金属製品、②化学工業、③機械、④窯業・建材、⑤繊維・生活用品、⑥紙・印刷・プラスチック製品・ゴム製品、⑦資源エネルギーを生産する一定規模以上の事業者を対象とし、事業者には統計法で報告が義務付けられている。

調査内容は、製品の生産量や金額、原材料の受入・消費、事業所と従業者数、生産能力・設備等で、約1万4000の企業に対してアンケートを行い、94%の事業者から回答を得ている。

2020年 機械統計 品目別生産金額一覧

品目2020年生産金額
販売金額
2019年比生産金額差詳細
冷凍機・エアコン・冷凍冷蔵庫2兆0312億7100万円
2兆2802億4300万円
-2519億4900万円空調用コンプレッサ、冷凍機、冷凍冷蔵庫、ショーケース、チラー、エアコン(車用含む)など
半導体製造装置
FPD製造装置
1兆9397億4300万円+608億5800万円半導体前工程・後工程装置、ガラス基板処理装置など
土木建機、鉱山機械
破砕機
1兆4064億4500万円−3070億6800万円土木建設工事、鉱山で使う建機・重機など
ボイラ・原動機1兆2432億5300万円−1796億5700万円ボイラやタービン、エンジン、内燃機関など
油圧・空圧機械8072億2753万円−637億4511万円油圧ポンプ、油圧シリンダ、空圧シリンダ、空圧バルブ等
金属工作機械7239億9400万円
7620億3200万円
−3484億5800万円旋盤、研削盤、歯切り盤、歯車仕上げ装置、マシニングセンタ、放電加工機など
運搬機械・搬送機器6886億5100万円−173億0900万円クレーン、巻上機、コンベア、エレベータ、エスカレータなど
軸受・ブッシュ6661億2800万円−1272億2500万円玉軸受、ころ軸受、軸受メタル、ブッシュなど
産業用ロボット5319億1000万円+7億3100万円産業用ロボット
計測機器・分析機器・試験機・測量機器5137億2100万円
5362億2600万円
−386億8900万円長さ計、メーター、圧力計、クロマト、環境計測機、材料試験機など
ポンプ・圧縮機・送風機(自動車、航空機用等除く)4483億1584万円
4768億7742万円
+157億6060万円ポンプや空気圧縮機、コンプレッサ、送風機・ファンなど
農業用機械3871億4200万円−598億0400万円耕運機、トラクタ、田植え機、コンバインなど
動力伝導装置3865億3631万円−499億0906万円減速機、歯車、スチールチェーンなど
機械工具3665億4637万円
3913億6654万円
−1123億1567万円切削工具、ダイヤモンド工具、超硬工具など
金型3583億8883万円
※自家使用分
953億4904万円
−403億7612万円プレス、鍛造、プラスチック、ガラス、ゴム用金型など
光学機械・カメラ・時計2228億1200万円
2811億9300万円
−713億9100万円カメラ、時計など
包装機械2082億9700万円
2114億6800万円
−95億4400万円充填機、瓶詰め機、上包機、外装・荷造り機械など
化学機械・貯蔵槽1965億2937万円+178億4303万円ろ過、混合攪拌、分離、反応用機器、熱交換器や貯蔵槽など
金属加工機械1804億2900万円−923億0100万円圧延機械、ベンディングマシン、プレス、せん断、線材加工機械など
プラスチック加工機械1796億5300万円−287億6300万円射出成形、押出し成形、ブロー成形などプラスチック加工機
ミシン・繊維機械1548億6100万円−431億5600万円ミシン、紡糸機械、紡績機械、編組機械、染色機械など
印刷機械・紙工機械1428億4700万円−381億1500万円印刷、製版、製本機械や、段ボール製造機械など紙工機械
自動○○機911億5300万円−240億3700万円自動販売機、自動改札機、業務用洗濯機、自動洗車機など
食品加工機械718億5400万円
806億4300万円
−11億7300万円精米、製パン、製菓、醸造、乳製品加工、肉水産物加工機械など
事務用機械・複写機389億7600万円
1061億8700万円
−85億8200万円コピー機、複合機など
鋳造装置365億6200万円−165億7100万円ダイキャスト、モールディング機械など
木材加工機械220億8300万円
252億9800万円
−110億9500万円木工機械や製材機械、合板機械など

半導体製造装置、産業用ロボットは好調

好調だったのは半導体製造装置・FPD製造装置で、2019年から608億5800万円増となる1兆9397億4300万円となった。2020年はもともと好調の見通しだったことに加え、コロナ禍でのスマートフォンやコンピュータ、データセンター向けの半導体需要が旺盛だったことが後押しした。

産業用ロボットも2019年比7億3100万円増の5319億1000万円。これまでから引き続いての自動化需要に加え、コロナ禍で非接触や無人化・省人化への関心が高まっている。

工作機械など3割近い大幅減に

自動車産業の低迷を受け、金属工作機械など自動車産業向けが多い機械は大打撃を受けた。金属工作機械は、2019年から3484億円マイナスの7239億9400万円。機械工具も1123億円マイナスの3665億4637万円。金属加工機械も923億0100万円マイナスの1804億2900万円となり、いずれも30%近い大幅減少となっている。

https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/result/ichiran/08_seidou.html

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る