日本航空電子、産業機器向け角型多極一括嵌合コネクタ 配線と嵌合作業を効率化

日本航空電子工業は、半導体製造装置などの大型装置や多極配線が必要な産業機器向けに、角型で多極一括嵌合が可能なレバー嵌合式コネクタ「KN06シリーズ」を発売した。

同製品は、インシュレータモジュールが最大6個収納でき、最大300極を一括で嵌合できる。従来のコネクタと比較して設置・立上げ時の嵌合回数を大幅に削減可能。レバー嵌合方式を採用することで嵌合操作力を抑えるとともに、外殻部品にプラスチックを採用した軽量設計により、嵌合作業における作業負荷も軽減している。

半導体製造装置、検査装置、露光装置などの大型装置は、最終設置先で分解されたモジュールの組立が行われ、複雑な配線作業と嵌合工数がかかって作業負担も大きくなっていた。同製品は、コネクタ複数個分の極数を一括嵌合可能とすることで作業が簡略化でき、最終設置先での組立・装置立上げのスピードアップおよび作業負担軽減に貢献する。

https://www.jae.com/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る