シュナイダーエレクトリック、2021年事業戦略 Pro-face中心にIoTソリューションに注力

シュナイダーエレクトリックは2021年の事業戦略を発表し、「デジタル&電力」「スマート&グリーン」をキーワードに、少子高齢化や国土強靭化、脱炭素化に注力し、日本企業に対するサステナビリティとデジタル化の推進をサポートしていく。特にFA分野ではPro-faceを中心にIoTソリューションを展開していくことを明らかにした。

FAなどインダストリー事業部では、新たに角田裕也氏がバイスプレジデントに就任し、IoTソリューションの提供を強化していく。

HMIの先駆けで旧・デジタル時代から高いシェアと競争力を持つPro-faceについて、従来の設備や機械に取り付けるHMI・表示器としての活用だけでなく、設備や機械、フィールド機器とクラウドや基幹システム等上位システムの中間に位置し、データ活用で重要な領域となる「エッジ」での活用を推進。HMIからIoTブランドとしてのPro-faceへの昇華を進める。

今後はPro-faceを柱とし、IoTプラットフォーム「EcoStruxure」、2017年に買収した産業用ソフトウェアAVEVAとの組み合わせを通じて、DXのトータルソリューションを提供していく。そのための製造業向けビジネスを行なっているシステムインテグレータ等との連携・強化を進める。

また同社の強みとして、旧デジタルの時代から連綿と続く国内の販売代理店を中心とした販売チャネル、国内でのキッティングや修理などのサポート体制があり、それらのサポート・品質・納入体制を活かしながら、グローバル企業としての世界規模のサポート力を活かしていくとした。

https://www.se.com/jp/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG