CKD、高耐久機器にハンド、シリンダなど新機種 自動化やIoT化を進める装置に最適

CKDは高耐久機器「HPシリーズ」のバリエーションを拡充し、「長寿命ハンド」「耐環境シリンダ」に4機種を追加した。


同シリーズは、「壊れない・壊れる前に知らせる・壊れてもすぐ交換できる」をコンセプトに開発され、2019年11月に発売。追加された4機種は、高頻度で安定稼働が求められる自動車の製造設備や工作機械、自動化・IoT化を進める各種設備や装置等に最適。


薄形ロングストロークハンド「LST-HP1」は、ロボットなどの先端に取付けて行うワークのハンドリング作業向け。高剛性のリニアガイドを搭載し、高剛性、高精度を長期持続。把持センターを基準とした位置決め穴による交換時のセンタリング精度を再現する。価格は3万1010円~6万440円。


測長機能付薄形ロングストロークハンド「LSTM-HP2」は、繰返し精度±0.04mm、直線性F.S.プラスマイナス0.5%。価格は8万4570円~9万7710円。
測長機能付リニアスライドハンド「LSHM-HP2」は、アナログ出力、スイッチ出力、デジタル出力形態から選択でき、デジタル出力はIO-Linkに対応している。価格は5万9800円~11万6720円。スイッチ出力アダプタが2万1430円、IO-Linkアダプタが2万5千円。


耐環境シリンダ「LCR-G-HP1」は、粉塵環境下で使用できるリニアガイド付きシリンダ。シリンダ部に強力スクレーパ+繊維集合体(ルブキーパ)、ガイド部にはスクレーパ+潤滑保持機構を備えて耐環境性能を高めている。価格は4万1980円~10万4620円。
2024年度4億5千万円の販売を目指す。

https://www.ckd.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG