コンテック、ステンレス筐体のタッチパネルコンピュータ 高強度で水や錆に強い

コンテックは、18.5インチサイズの静電容量方式タッチパネルを採用したステンレス製筐体のタッチパネルコンピュータ「PT-V18WBシリーズ」を発売した。


同製品は、静電容量方式の18.5インチサイズタッチパネル表示器にクアッドコアCPU インテル Atom プロセッサ E3940 を搭載したファンレス仕様のタッチパネルコンピュータ。筐体全体にステンレススチール(SUS430)を採用し、強度が強く錆びにくく食品加工の現場など衛生的な環境で求められるシステムや装置への組み込みに最適。筐体全体はIPX2の防滴対応、フロント部はIP65(防塵・防滴)規格に準拠し、食品・水産・薬品・板金加工工場などの水を扱うような場所への設置に適し、清掃も簡単に行うことができる。


拡張インターフェイスでは、1000BASE-T、USB3.2 Gen1(USB3.0)、DisplayPort、アナログRGB、シリアルポートなどを搭載。また無線LANとBluetooth経由で様々なデバイスに接続が可能な無線モデル(PT-V18WB-210DR)を用意している。
また電源障害からのデータ保護とストレージへの書き込みを禁止する「電断プロテクト」機能を搭載。Windows IoT Enterpriseのロックダウン 機能と併用してシャットダウン処理なしで安全に電源OFFすることが可能となっている。

https://www.contec.com/jp

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る