明治電機工業、22年に豊田支店を移転し新築

明治電機工業は、愛知県知立市の豊田支店を同市内の別の場所(知立市西町宮腰32)に移転し、新社屋を建設する。新社屋は5階建てで、延床面積は4581平方㍍。社員数は173人。

新社屋では部署間でのコミュニケーションや連携がとりやすい空間を作って働きやすい環境とし、業務の効率化を図る。

また、顧客の幅広い要望に的確、迅速に応えられるようサービスの向上を目指していく。

耐震性を強化した社屋で、社員の安全性と事業の継続性も確保している。

2021年11月に着工、22年7月に完成予定。投資総額は約20億円。

同社創立100周年記念事業の一環として、重要拠点の豊田支店を拡充し、持続的な発展と成長に結びつける。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る