三菱電機 学校用ロスナイ天吊露出形 CO2濃度で自動換気

 三菱電機は、高機能熱交換型換気設備の新製品として、CO2センサを搭載した「学校用ロスナイ天吊露出形」2機種を4月20日に発売する。

 同製品は、教室内のCO2濃度に応じて換気風量を自動で調整し、CO2濃度が上昇した場合は換気風量を自動で増加し、CO2濃度が低い状態では換気風量を抑えて外気負荷を抑制する。CO2濃度に応じて3色のLEDランプの表示が切り替わり、教室内のCO2濃度の状態を見える化。LEDランプの表示が切り替わるCO2濃度は、建築物環境衛生管理基準の1000ppmを下限に、2000ppmまでの間で設定変更できる。

 エアコンなどで空調した空気が必要以上に換気されないため、空調機の負荷も低減可能。従来品と比べ、空調機と合わせた電気代が約23%削減できる。

 また別売りの「アレル除菌フィルター」で、菌、ウイルスおよびアレル物質を抑制。シロッコファンにはナノサイズとミクロンサイズの二重凸凹構造を持つ特殊コーティング膜を施し、空気層を形成して、湿度を含んだほこりや砂塵などの付着を抑えることができる。

 施工についても、ヒンジによるスライド・開閉構造により、工具無しでフロントパネルの取り外しができ、フィルターやエレメントの清掃時の作業性を改善している。

 価格は、SCH-40EXCが31万4000円。SCH-50EXCが37万2000円。それぞれ年間で1400台、2000台の販売を目標とする。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG