2020年、日本製造業の労働人口は1054万人

総務省統計局の「労働力調査」によると、2020年の日本国内の労働人口総数は6666万人で、このうち製造業は1054万人(15・8%)となった。

過去10年の推移を見ると、定年延長や働き方改革を受けて労働人口総数は年々増加。2010年に6278万人だったのが、2020年には約400万人増えて6666万人となった。製造業に限ると、製造業従事者の数はほぼ横ばいが続いている。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る